【ざっくり】パソコンのメモリとストレージの違いを解説

記事更新日: 2020/10/09

ライター: せきぞー

こんにちは、IT初心者せきぞーです。

 

皆さんはパソコンに「メモリ」と「ストレージ」という大きくわけてふたつの記憶装置が備わっていることはご存知でしょうか?

 

パソコンを購入したことがある人であれば、商品説明にたいていの場合

メモリ:16GB
ストレージ:250GB

というふうに双方の容量などの記載があるので「そこまでは知ってるよ!」という方は比較的多いのではないかと思います(自分がそのクチでした)。

 

しかしどちらもパソコン内のデータを保存するためのものなのに、なぜわざわざふたつに分けて搭載しているのか説明できる方はそこまで多くないのではないでしょうか?

 

そこで今回はパソコンのメモリとストレージの違いをざっくり簡単にご説明しようと思います。

 

一時的な記憶と長期的な記憶

ざっくりまとめると

メモリは一時的に必要となるデータを記憶して必要なくなったら勝手に消える装置で、主記憶装置とも呼ばれます。

ストレージは半永久的に保存しておきたいデータを記憶するための装置で、補助記憶装置とも呼ばれます。

 

また、

メモリに保存されるデータは「揮発性」

ストレージに保存されるデータのことを「不揮発性」

などと表現されます。

 

実際にデータが液体状のもので時間が経つと気化していくというわけではなく、

ITの世界ではデータが消えてしまうことを「蒸発する」と表現することからこのような名称がついています。

 

揮発性のデータは電源が落ちると中のデータが自動で消えてしまう仕組みになっています。

メモリの特性

メモリの大きな特徴として一時的にしかデータを保存することができないかわりにデータの処理速度が非常に早いということがあげられます。

 

では、具体的にどのようなデータの保存に使われているのでしょうか。

 

パソコンで文章を入力する際に既存の文字をコピーして違う場所へ複製できる「コピペ」という便利な機能があると思います。

このコピー&ペーストのコピーをした文字はクリップボードと呼ばれる場所へ一時保存されます。

しかし、新たにべつの文字をコピーするとひとつ前にコピーした文字のデータは上書きされて使えなくなってしまいます。

 

その他にもインターネットで情報収集を行っている際にひとつ前のページに戻りたい場合は「戻る」ボタンを押せば一時的に記憶されていたデータを元にひとつ前のページに戻ることができます。

しかし、ひとつ戻って別のページに飛んで、また戻ってふたつ前にいたページに戻る、ということは「ひとつ前のページ」のデータが上書きされているためできません。

 

このようなデータの読み書きにはメモリが使用されます。

もし、このような一時的に必要なデータをストレージにいちいち記憶させてしまうと

データの処理に時間がかかりすぎてしまいスムーズに作業を行うことができなくなってしまいます。

 

このメモリの機能は人間に置き換えると、数秒から数日までしか記憶できない短期記憶によく似ているように思います。

人から聞いた電話番号を瞬間的に記憶してメモに書き写すことができたとしても、メモを見ないで番号を復唱しろといわれたらできなくないですか?

 

ストレージの特性

ストレージの大きな特徴はデータの読み書きに時間がかかるかわりに長期的にデータを保存しておくことができることです。

 

具体的には音楽や動画、写真、アプリ、アプリ内のデータなど保存されていないと不便なデータは全てストレージに保存されます。

ほとんどのデータは勝手に消えては困るデータなのでストレージの記憶できるデータ容量の方が大きい場合がほとんどです。

 

ストレージには大きくわけてディスクを回して磁気でデータを読み書きするHDDと、半導体を用いて電子の移動によりデータの読み書きをするSSDにわけられます。

 

ちなみにいろいろなソフトやブラウザなどで同時に使いすぎるとメモリがパンクしてあふれたデータはしかたがないのでストレージに一旦移行して保存されます。

この動作はスワップアウトと呼ばれており、再びストレージからメモリにデータを戻すことをスワップインなんてふうに呼びます。

 

このスワップアウト、スワップインをたくさん繰り返すことでパソコンの読み込みが遅くなってしまうといったことが起こってしまうわけです。

 

したがってメモリはストレージに比べて容量が小さくても良いかわりに、少なすぎると読み込みが遅くて快適に利用することができなくなるということになります。

 

結論:どっちも大きい方が良い

快適にパソコンを使用しようと思ったらメモリとストレージのどちらかの容量が大きければ良いというものではなく

どちらもバランス良く容量の大きいものを選ぶことが大事になってくると思います。

皆さんが使用しているパソコンのメモリとストレージはどのくらいでしょうか?

この機、今一度確認してみても良いかもしれませんね。

 

この記事を書いたライター

せきぞー

普段は野外イベントの設営など行っています。

出来るだけ読者の方の視点に立った執筆を心がけていきます!

物静かな性格なため時折南の島に佇む某石像と勘違いされることもあるとか、ないとか。

Twitter:@100Sekizo

この記事に関連するラベル

ページトップへ