エンジニア発信のライフハックサイト

突然ですが…

 

あなたはネットの情報をすべて正しく識別できていますか?

 

現在、日本社会では20代~60代までの国民のほぼ100%が日々ネットを利用する環境下にあります。  (参照:内閣府HP_インターネット・リテラシー)

 

便利になったと同時に、我々は日々情報格差やインターネット詐欺などの被害にさらされるようになりました。

つまり、情報選別の能力生きる上で必要不可欠な要素として私達一人ひとりに求められることとなったのです。

 

Search Bankの目的

世の中に溢れている情報は古い情報出典元がきちんと明記されていないもの、果ては不正確なものなど、玉石混交な状況です。

 

その結果、私たちの誰もが多大な情報を誤っているもの曖昧なもの正しいものへと選別しながら生活することを余儀なくされる事となりました。  

ところが、すべての方が情報を選別するために必要な高いリテラシーを持っているとは限りません

 

我々Search Bankは、そんな社会のあり方、すなわち情報を選別できる力のある者だけが優位に立てる社会に対して疑問を呈します

 

皆が平等に正しい情報を入手でき、情報格差の問題が是正されればどのような社会が実現されるのか。

まだ誰も知らない情報格差の無くなった社会の実現を我々は目指しております。

 

Search Bankはどんなサイト?

Search Bankは現役エンジニアを中心としたライターと、その他複数名の校閲者とともに運営する情報サイトです。

 

出典が明記された信憑性の高い情報がたくさん貯められている。

読者の疑問をいつでも引き出せる。

そんな銀行のような情報サイトをコンセプトに運営を行っております。

 

なぜライターがエンジニア中心なのか?

実はエンジニアの業務は調査を行うことが多く、インターネットでの調べ物は日常茶飯事なのです。

 

そのため必然的にインターネット検索のスキルがつくのですが、冒頭で挙げたように情報が玉石混交であるために信憑性の低い記事が多いことを認識しています。

 

つまり、更新日の表記や出典元へのリンクなど、どうすれば正確性が高い情報となるか?を常に考えている集団である、とも言えるのです。

 

どのようなコンテンツがあるのか?

エンジニアが主に利用する情報発信の方法としては、技術ブログが一般的なものとなっています。

しかし、以下の人たちに向けた疑問や問題を解消するための手助けとなる、技術以外のコンテンツを包含したプラットフォームの決定版は現状あまりない状況です。

 

  • エンジニアを目指している人
  • 転職を考えている人
  • 独立を検討している人
  • 独立した人
  • 日々の業務で健康に不安を抱えている人

 

これらの情報は知っている人が近くにいれば内輪の話に挙がる可能性もあります。

しかし、そういった人が身近に居ない場合は本当にその情報が必要な人が能動的に知る手段が限られています。

 

そこで、ライターがそれぞれの体験や得意分野を活かして情報提供を行うことで、日々の活動を助け、QOLを向上できるコンテンツを中心に作成しています。

 

便利なツールや生活の知恵も取り扱うので、現在エンジニアの人やエンジニアを目指す人はもちろん、一般の方にも楽しんでいただけるものになっています。

 

どうやって運営しているのか?

我々Search Bankメンバーは、本当に正しい情報は何なのか、まずは自分たちで調査・実験し、読者が本当に知りたい・知るべき情報を正しく・わかりやすく提供します。

そのためにライターを始め、その他複数の校閲者が1つの記事のリリースに携わっております。

 

文章は読み辛くないか、誤解を生むような表現になっていないかなど、1記事1記事をていねいに時間をかけて作成しております。

 

記事の更新はTwitterやその他SNSより発信いたします。

ページトップへ