プログラミング言語の呼び方(読み方)一覧

記事更新日: 2021/04/30

ライター: せきぞー

近頃「プログラミング」という言葉を頻繁に耳にすることが多くなったと感じている人も多いかと思います。

しかし、ひと言にプログラミングといっても用途や目的に合わせて多くの種類が存在しており、

それらはそれぞれ「プログラミング言語」という括りで種類分けがされています。

そしてそのプログラミング言語のほとんどで英語が使用されています。

したがって言語の名前も英語です。

一般的な英単語が言語名になっているものもあれば、新しい言葉として作られた単語が言語名になっている場合もあります。

なので言語名のスペルは書くことができても、「なんと読んだら良いのかわからない…」といったものも多いかと思います。

 

なので、ここでは一般的によく見かけるプログラミング言語の読み方についてまとめてみました。

よく見るプログラミング言語一覧

 

C  (síː)  シー

通称:C言語

 

C#  (síː ʃάɚp)  シーシャープ

補足:読み方は日本でも海外でも同じ「シーシャープ」ではあるが実際に使用されている記号はシャープ(♯)ではなくハッシュ(#)

 

C++  (siː plʌs plʌs)  シープラスプラス

通称:シープラ、シープラプラ

 

GO  (góʊ)  ゴー

 

Java  (dʒάːvə)  ジャバ

一般的な意味:コーヒー(もともとはジャワコーヒーのことだったらしい)

 

JavaScript  (dʒɑːvə skrɪpt)  ジャバスクリプト

別名:JS

 

Kotlin  (kɒtlɪn)  コトリン

 

Objective-C  (əbdʒéktɪv siː)  オブジェクティブシー

 

PHP  (píː éitʃ píː)  ピーエイチピー

 

Python  (páiθɑn)  パイソン

一般的な意味:ニシキヘビ

 

R  (ɑ'ːr)  アール

 

Ruby  (rúːbi)  ルビー

補足:一般的にルビーというとイントネーションは「ル↑ビー↓」ですが、こちらは「ル↓ビー↑」と発音する場合の方が一般的

一般的な意味:赤色の宝石

 

Rust  (rʌ'st) ラスト

一般的な意味:錆

 

Swift  (swíft)  スフィフト

 

この記事を書いたライター

せきぞー

普段は野外イベントの設営など行っています。

出来るだけ読者の方の視点に立った執筆を心がけていきます!

物静かな性格なため時折南の島に佇む某石像と勘違いされることもあるとか、ないとか。

Twitter:@100Sekizo

この記事に関連するラベル

ページトップへ