Java とは、どんなプログラミング言語なのか?ザックリ解説!

記事更新日: 2020/11/07

ライター: ナガヤン

この記事でわかること
  • Javaは、主要なプログラミング言語の1つ
  • ITサービスのほか、医療など
  • 未経験からのスタートアップにおススメ

ハローエンジニア!SEライターのナガヤンです。

プログラミングを新しく学び初めた際には、見慣れない単語ばかりで、どれも暗号のように見えますよね。
今回はそんな初めたての方向けに、プログラミング言語 Java について解説します。

Java とは、いったいどんな言語で、どんなものが作れるのかをお伝えします!

Java は汎用的なプログラミング言語

Java は、アプリ開発における主要なプログラミング言語のひとつです。Googleをはじめ様々なIT企業がアプリ開発にJavaを採用しています。

なぜ Java が広く使われているかというと、次のような理由が挙げられます。

Javaが使われる理由
  • 汎用的でどんな環境でも使用できる
  • 広く使われていて需要が高い

Java は JVM (Java Virtual Machine:Java仮想マシン)というものを利用しています。これはコンピューター上に別の仮想コンピューターを動作させるシステムです。Java はこの仮想コンピューターで動作するので、本体のコンピュータが Windows、 Mac 、Linux など様々な環境でも問題なく動作させられるのです。

Java はすでに20年以上開発の現場で使用されてきました。そのため、Java には 安定性と信頼性がある開発言語としての地位があります。新しいアプリを開発する時、すでに開発されているシステムを改修する時など、Java が使われる場面は様々です。現実として Webサービス・デスクトップアプリ・スマホアプリ・IoTと様々な分野の開発に使用されています。

Java は多様なアプリ・サービスが作れる

Webアプリ・Webサービス

Webで動作するシステムやサービスの開発というと、PHPやJavascript がよく知られていますが、Java で作られているものも多くあります。

有名どころでは TwitterEvernote が Java で Webサービスを提供しています

デスクトップアプリ

デスクトップ向けのアプリケーション開発においてもJavaの開発事例は多いです。

Java の統合開発環境(IDE)である Eclipse やオフィスアプリケーションである OpenOffice もJavaで作られています。ゲームでは MINECRAFT がJavaで作られています。

スマホアプリ

Androidアプリについても、 ほとんどはJavaで作られてます。

スマホのネイティブな機能に関連する部分をJavaで作成し、それ以外の情報を表示する部分をHTMLで作成するといったケースも多いです。

組み込み・IoT

家電製品やカー用品に組み込まれるプログラムはC言語で開発されるケースが多かったのですが、Javaの登場以来はJavaで開発されるケースが増えています。例えばBlue-rayディスクプレーヤーはJavaで開発されているし、他にもカーナビ、家電製品などへの導入実績があります。

IoT分野へもOracle社がJavaの普及を促進しているので、電子部品大手の村田製作所が組み込み系通信モジュールにJavaを採用しています。

まとめ:Javaは多様な開発現場で使えるプログラミング言語

Javaは、大規模開発やAndroidアプリ開発など多様が開発を行える言語ということが、理解してもらえたと思います。

Java言語の特徴などを抑えていただいた上で、プログラミングにより楽しんで挑戦していただければ幸いです。

 

PR

サーチバンクではマシュマロを設置しています。
ライターに聞いてみたい疑問や質問を募集中です。
記事の感想やご意見なども、よかったらお聞かせください。
https://marshmallow-qa.com/search_bank

この記事を書いたライター

ナガヤン

こんにちは、SEライターのナガヤンです!
サーチバンクをご覧いただき、ありがとうございます。

現役システムエンジニアの私だからこそできる、便利で楽しくなる情報を発信していきます!

これからの働き方を考えるメディア「JobTier」にて、対談記事を書いていただきました!

この記事に関連するラベル

ページトップへ