GoogleアラートのRSSをFeedlyに無料で登録する方法

記事更新日: 2020/12/26

ライター: せきぞー

Feedlyは気になっているサイトの更新情報をまとめて通知してくれるサービスです。

Googleアラートは気になっている検索キーワードの最新記事をまとめて通知してくれるサービスです。

どちらも*無料で情報収集の手段としてはとても便利なサービスです。

*Feedlyは無料で登録できるRSSフィードの数は100件なのでそれ以上の登録が必要な場合は有料登録する必要があります。

ですが、この2つのサービスをそれぞれ別々に利用するよりも

 

 

ひとつにまとめて利用できた方が便利だと思いませんか?

 

 

実は、Googleアラートで手に入る情報をRSSフィードとしてFeedlyでも受け取れるように設定することでこれを実現することが可能になっています。

 

今回はそちらの方法についてシンプルにわかりやすく説明していきたいと思います。

 

 

ちなみにFeedlyの有料プランに加入すればGoogleアラートと同じキーワードに該当する最新記事を通知してくれる機能を使用することが可能です。

したがって今回紹介する方法が面倒だと感じる方は有料プランへ加入するのもアリです。

しかし、少し手間はかかるけどできるだけ金銭コストを抑えたいと考えている方は今回の方法を試してみていただけたらと思います。

Googleアラート側での操作

RSSフィードの作成、アドレスのコピー

■GoogleアラートのトップページからFeedlyで受け取りたいアラートのキーワード横にあるペンマークをクリックして詳細設定のページへ移ります。

今回は「プログラミングスクール」というキーワードの更新情報をFeedlyで受け取れるように設定していきたいと思います。

 

■頻度や件数などが好みの設定になっているか確認した後、「配信先」の項目をクリックして「RSSフィード」をクリックします。

 

■再びトップページへ戻ると、設定を変更したキーワードの横にRSSのマークが現れているのでマークを右クリック→「リンクのアドレスをコピー」をクリックしてアドレスをコピーします。

 

■コピーしたアドレスはすぐに使用するわけではないのでメモ帳などにペーストして保存しておきましょう。

 

Feedly側での操作

Googleアラート用のFEEDS(通知の受け皿)を作成する

■Feedlyのサイトへアクセスして画面左側のメニューの「FEEDS」の中にある「Create New Feed」をクリックしてGoogleアラート用のFEEDSを作成しておきます。

■FEEDSの名前は何でも良いですがとりあえずわかりやすく「Googleアラート」などにしておきましょう。

 

OPMLファイルをダウンロードする

■Feedlyのサイト画面左下にある「アカウントのアイコン」をクリック→「Organize Sources」をクリックします。

 

■画面右側にある「ちいさい矢印」マークをクリックします。

 

■次に表示される画面の「DOWNLOAD YOUR FEEDLY OPML」をクリックしてファイルをダウンロードします。

 

■ファイル内のテキストを編集していくので念のためファイルは複製して原本を残しておきましょう。

 

OPMLファイルの編集

RSSフィードのURLを追加する

■ダウンロードしたOPMLファイルのコピーをメモ帳や、テキストエディターなどテキストの編集が可能なアプリで開きましょう。

 

<outline text="Googleアラート" title="Googleアラート"/> と同じ文章を見つけて末尾の「/」を削除します。

 

■上記で編集した文の次の行に<outline type="rss" text="〇〇〇〇〇〇" title="〇〇〇〇〇〇" という文を追加します。

〇の中はFEEDSに表示されるタイトルになるのでGoogleアラートで登録したキーワードにしておくとわかりやすいと思います。

今回は「プログラミングスクール」と入力しておきます。

<outline type>からはじまる文は横の位置をTabやSpaceキーなどでそろえておくと見分けがつきやすくなりますよ。

 

■上記の文の後ろに xmlUrl="〇〇〇〇〇〇"/>と入力します。

〇の中は1番はじめにGoogleアラート側で取得したRSSフィードのURLを入力します。

画像ではウィンドウの幅の関係で2行になっていますが、改行してあるわけではありません。

 

■ファイルを保存して閉じます。

 

Feedlyにインポート

OPMLファイルをインポートする

■Feedlyのサイトに戻り、左下の「アカウントのアイコン」→「Organaize Sources」をクリックします。

 

■画面右側の「IMPORT OPML」をクリックします。

 

■編集したOPMLファイルをドラッグ&ドロップするか、「CHOOSE OPML FILE」をクリックして対象のファイルを選択してインポートを開始します。

 

■インポートが完了するとNew Sourcesという場所に結果が表示されます。

 

■Feedlyのホーム画面左側のメニュー欄からもRSSが追加されていることを確認することができます。

 

また別のGoogleアラートのRSSを追加したくなったら同じ方法でOPMLファイルにURL等を追加していくだけになります。

一度操作に慣れてしまえばそこまで難しいことではないと思いますので是非活用してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたライター

せきぞー

普段は野外イベントの設営など行っています。

出来るだけ読者の方の視点に立った執筆を心がけていきます!

物静かな性格なため時折南の島に佇む某石像と勘違いされることもあるとか、ないとか。

Twitter:@100Sekizo

この記事に関連するラベル

ページトップへ