三井住友カード「ナンバーレス」が新登場!年会費無料、最大5.0%還元のキャンペーンも!

記事更新日: 2021/02/20

ライター: ナガヤン

三井住友カードは「ナンバーレスカード」の発行を、2021年2月1日に開始しました。

イケてるデザインに定評のある三井住友カードですが、カード番号が券面に書かれていないクレジットカードは今回が初めてです。

果たして使い勝手はどう変わったのか、三井住友カードのナンバーレスカードについてメリットと注意点をまとめました!

ナンバーレスカードのメリット

カード情報の盗み見を防げる

ナンバーレスカードとは、カード券面からカード番号・有効期限・セキュリティコードの表記をなくしたクレジットカードです。

いままでは、カード券面にカード情報の表記があったため、利用時に盗み見られるリスクがありました。

ナンバーレスカードでは、これらのカード情報の表記をカード券面からなくすことで、盗み見などを防ぐことができます。

カード情報は三井住友カードアプリ「Vpassアプリ」で確認できます。カード情報が必要な時も安心ですね。

年会費が永年無料

ナンバーレスカードは、「年会費が永年無料」です。

通常の三井住友カードの年会費が1,375円(税込)なので、大変おトクです。

通常の三井住友カードもデザインリニューアルの際には、年会費の永年無料キャンペーンをしていました。

ナンバーレスカードでは特に期間を設けていませんが、今後変わる可能性もあるので早めに入手することをおススメします。

 

ナンバーレスカード(NL)の詳細を見る

 

対象店舗で最大5.0%のポイント還元

ナンバーレスカードには、「最大5.0%のポイント還元」があります。

条件は「セブンイレブン・ローソン・マクドナルドでタッチ決済を使ったとき」です。

最大5.0%のポイント還元の詳細
  • 通常のクレカ決済で0.5%
  • セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドで使うと2.5%(+2.0%)
  • さらにセブンイレブン・ローソン・マクドナルドでタッチ決済を使うと5.0%(+2.5%)

5.0%のポイント還元はというのは、他のクレジットカードにはない大きなメリットですね✨

 

ナンバーレスカード(NL)の詳細を見る

 

スタイリッシュでカッコいい

やはり最大のポイントはココでしょう。

クレジットカードを取り出したとき、スマートなデザインであるとカッコいいですし、使っていてテンションが上がります。クレジットカードによっては、カード券面の視覚情報が多くダサいこともあります。

三井住友カードは緑地に鋭いシルバーの差し込みというデザイン性の高さがあります。さらに、VISAであれば最高ですね。シルバーのロゴがマッチしてシンプルにかっこいいです!

 

ナンバーレスカード(NL)の詳細を見る

 

注意点

入会対象者は満18歳以上

三井住友カードは、入会対象者を「満18歳以上(高校生を除く)」としています。

そのため、満18歳未満の方は自身のカードを申し込むことができません。

ただし、ナンバーレスカードは家族カードを無料で発行できるため、親子で申し込めば利用することができます。

三井住友銀行の口座が必要

ナンバーレスカードの入会時は、三井住友銀行の口座を決済口座に指定します。

そのため、三井住友銀行の口座がない場合は新たに開設する必要があります。

「え、開設しなきゃいけないの?面倒くさい…」と思った方に朗報です。

三井住友銀行の場合、アプリで口座開設をすることができます。

カードや通帳は後日発送になりますが、口座開設だけなら数分の手続きでできるので試してみてはいかがでしょう。

まとめ

三井住友カードはここ数年で新しいカードを発行してきましたが、ナンバーレスカードはその極北となりえるカードです。

新しいカードということもあり、年会費無料や5.0%のポイント還元など、とってもお得なカードとなっています。

お得な特典に関していまのところ期限は設定されていませんが、利用者が増えてくるとサービス内容が変わることもあります。

ぜひともイケてるカードを早めにゲットし、お得なボーナス期間も満喫してはいかがでしょうか。

 

ナンバーレスカード(NL)を申込む

 

 

PR

サーチバンクではマシュマロを設置しています。
ライターに聞いてみたい疑問や質問を募集中です。
記事の感想やご意見なども、よかったらお聞かせください。
https://marshmallow-qa.com/search_bank

この記事を書いたライター

ナガヤン

こんにちは、SEライターのナガヤンです!
サーチバンクをご覧いただき、ありがとうございます。

現役システムエンジニアの私だからこそできる、便利で楽しくなる情報を発信していきます!

これからの働き方を考えるメディア「JobTier」にて、対談記事を書いていただきました!

この記事に関連するラベル

ページトップへ