【簡単】Misocaの請求書に自社ロゴ・印影を入れる方法

記事更新日: 2020/06/29

ライター: せきぞー

クラウド請求管理サービスMisocaでは無料会員でもかんたんにしっかりとした請求書や見積書、納品書などの証憑書類を作成できるサービスです。

さらに自社のロゴや印影(角印、丸印)などを登録すると証憑に反映させることができます。

 

操作はとても簡単に行えるうえ、無料で利用している人でも登録可能なのでぜひ設定しておくことをおすすめいたします。

ロゴや印影がプリントされているだけで書類としてのオリジナリティや信頼度はぐっと上がりますよ。

自社のロゴ・印影の挿入方法(2パターン)

各証憑ごとで個別に挿入していく方法

Step 1

各証憑書類(画像では請求書)の編集画面内にある「自社情報詳細(住所、連絡先など)」をクリックします。

 

Step 2

表示された項目を下にスクロールしていくと「ロゴ」と「印影」の項目があるのでそれぞれ「ファイルを選択」をクリックして任意の画像をアップロードします。

 

Step 3

アップロードができたら「保存」をクリックしてプレビューで画像が反映されているか確認します。

 

デフォルト設定でロゴ・印影を登録しておく

Step 1

Misocaのサイト内で常に右上に表示されている「自社情報」をクリックします。

 

Step 2

自社情報の編集画面を下にスクロールしていくと「ロゴ」と「印影」の項目があるので「ファイルを選択」をクリックして任意の画像をアップロードします。

 

Step 3

アップロードが完了したら画面下部の「保存する」をクリックして個別にロゴと印影を挿入していない証憑書類を開いてプレビュー画面で画像が反映されているかを確認します。

 

デフォルト設定をしておけば新規で作成する証憑個別に挿入をしていない既存の証憑に自動でロゴと印影が反映されるようになります。
 

ロゴ・印影画像の推奨サイズ

ロゴ・印影に使用できる画像の形式は1MBまでのpng、jpeg、gif

高さと幅が1500pxまでのものに限ります。

 

アップロードされた画像は横幅230px、縦80px以内におさまるよう自動でサイズが変換されます。

正方形の画像を使用した場合は80px × 80px ほどのサイズで表示されます。

 

Point!
  • 上記とちょうど同じのサイズ(230px × 80px)もしくはそれ以下のサイズの画像をアップロードすると画像が若干荒くなってしまうので少し大きめのサイズの画像を使用することが推奨されています。

  • Misoca内の操作で画像のサイズを調整をすることができないため、定められたサイズよりも小さめに表示させたい場合はアップロードする画像自体に余白をつける必要があります。


  • 印影と社名を重ねて表示させたい場合はそういったデザインのテンプレートを選んで使用すれば実現が可能です。

 

一度設定してしまえばあとは毎回設定する必要はないので登録後にはじめの段階で設定してしまうことをおすすめいたします。

毎回同じロゴと印影を使用しないという場合も個別に変更できるというのも便利ですよね。

 

この記事を書いたライター

せきぞー

普段は野外イベントの設営など行っています。

出来るだけ読者の方の視点に立った執筆を心がけていきます!

物静かな性格なため時折南の島に佇む某石像と勘違いされることもあるとか、ないとか。

Twitter:@100Sekizo

この記事に関連するラベル

ページトップへ