ワーケーションとは何か?メリット・デメリットについて解説

記事更新日: 2021/04/04

ライター: なかしー

IT企業にてWEBマーケターをしているなかしーです。

コロナ禍のため、テレワークをしている方も多いのではないでしょうか?

「テレワークはできるけど、毎日同じ場所で飽きてきた」

そんな方やテレワークをしたい方に向けて、今回はテレワークの延長にあるワーケーションについてご説明させて頂きます。

ワーケーションとは何か?

ワーケーションとはWORK(仕事)とVACATION(休暇)の造語になります。

 

テレワークが発展する中で旅行先で仕事をするワーケーションが話題になっています。

通勤で消耗することがなく、仕事終わりにリフレッシュできるため実際にやられる方が増えています。

なかしー

通勤時間って無駄だし消耗しますよね?それがないのはワーケーション(テレワーク)の最大のメリットです!

そもそものテレワークのメリットも記事にしていますのでこちらもご参考になれば幸いです。

 

ワーケーションのメリット

  • ストレスが溜まりにくい
  • 新鮮さを保ったまま、仕事ができる
  • 優秀な人材が集まりやすい

 

ストレスが溜まりにくい

ワーケーションができると、そもそも通勤する時間が削減されます。そのため、通勤で消耗することがなくなります。

こんな風に毎日通勤電車に揺られるのって辛いですよね...?

なかしー

通勤がなくなるだけでも、相当楽になりますよ!

 

新鮮さを保ったまま、仕事ができる

仕事って毎日同じ場所だと飽きてしましますよね...?

でも、ワーケーションなら旅行先でも仕事が可能です。

しかも、仕事が終わった後旅行先だったらそのまま、旅行先でリフレッシュするってことも可能です。

優秀な人材が集まりやすい

企業目線で言うとワーケーションを推奨することで、優秀な人材が集まりやすいです。

福利厚生の一環としては他の会社と差別化ができるので、求職者からの応募が増えるでしょう!

そのため、優秀な人材を効率よく集めることができます。

ワーケーションのデメリット

  • セキュリティ上のリスクがある
  • オンオフの切り替えが難しい
  • 上司からするとコミュニケーショがとりづらい

セキュリティ上のリスクがある

ワーケーションにはセキュリティ上のリスクがあります。

テレワークで自宅で仕事をする場合は他者がデータを見る可能性が少ないため、心配はありませんが、旅行先で仕事を行うとなるとパソコン等の社内のデータを紛失するリスクがあります。

顧客情報を社外に流すと数千万円の損失が発生することも...

 

オンオフの切り替えが難しい

ワーケーションはプライベートと仕事の境界線がないです。

そのため、仕事のオンオフの切り替えが難しいです。

人によってはせっかく旅行先で仕事をしているのに、仕事のことが離れず全くリフレッシュできないなんてことも...

 

上司からするとコミュニケーションが取りづらい

上司からするとテレワーク中のユーザーはコミュニケーションを取りづらいです。

ワーケーションだけではなく、テレワークにも共通しますが、画面上でしかユーザーを確認できないため本質的なコミュニケーションが取りづらいです。

テレワークを行っている部下の精神状態や体調状態等の詳細な状態がわかりづらいです。

なかしー

僕も転職した会社がすぐテレワークでしたが、研修中なのに連絡が取りづらくて非常に苦労しました...

まとめ

まとめ
  • ワーケーションにすることで通勤時間がなくなる
  • 新鮮を保ったまま仕事ができる
  • ワーケーションはセキュリティのリスクがある

ワーケーションの定着にはまだまだ課題がありますが、将来的にフリーランスが増えている中でこれからより身近な物になっていくでしょう!

ワーケーションができる、仕事としてエンジニアの仕事はオススメです。

技術力があれば案件を取ることも容易でしょうし、IT人材が足りていないことから仕事がなくなる可能性も少ないです。

もし興味があれば未経験からエンジニアになれるプログラミングスクールの記事も記載しているのでこちらも参照していただけますと幸いです。

この記事を書いたライター

なかしー

プロフィール

元システムエンジニア、都内の上場企業のグループ会社にてWEBマーケの仕事に携わっています。

浪人1回・留年1回・新卒1年目で会社を辞めるが、前職の求人広告代理店にてWEB集客系の仕事に従事し、大手企業案件を複数担当する。

IT業界や求人業界の役立つ情報が提供できればと考えています。

 

経歴

メーカーのシステムエンジニア→求人広告のWEBマーケター→IT企業のWEBマーケター

この記事に関連するラベル

ページトップへ