iWork内で作成した図や表を画像として保存する方法

記事更新日: 2021/03/26

ライター: せきぞー

日頃、Webサイトやアプリを使用している時にふと目に入った画像を保存したくなる時ってありますよね?

たいていの場合は対象のイメージに対して右クリック(2本指でクリック)すると「画像を保存」の項目がでてきて、クリックするだけで完了します。

↑ちょっと紛らわしいですがブログ内に貼られた画像を右クリックした時の図です。

 

しかしながらiWorkのアプリ内で作成した図や表などは画像として保存しようと右クリックをしても該当する項目が出てきません。


↑numbersで作成した図を右クリックをした場合

 

図が四角形であれば、画像として欲しい部分だけをスクリーンショットで保存することはできます。

しかし、形が丸みをおびていたり、形が均一でないものにいたっては図のみを切り取ったような形で保存することはできません

(プレビューアプリの「スマート投げなわ」を使用すれば切り取れないこともないですが)。

 

したがって今回はiWork以外のアプリを併用してiWork内の図表を画像として保存する方法について紹介していきたいと思います。

iWork(pages、numbers、keynote)どれを用いたとしても手順は同じです。

今回はnumbersを使用しながら説明をしていきます。

手順としては

1.対象の図をクリップボードへコピー

2.Macの備え付けアプリの「プレビュー」で新規で作成されたファイルに貼り付ける

以上です。

1.対象の図をクリップボードへコピー

iWork内で作成して図表を「右クリック」→「コピー」を選択してクリップボード*へデータをコピーします

※一時的なデータの保存場所

 

2.プレビューアプリを起動して新規ファイルに貼り付ける

1.対象はなんでも良いのでプレビューで開くことのできる画像ファイルをひとつ開く。

もしくは「Finder」や「Launchpad」からプレビューを開いて適当なファイルをひとつ開きます。

 

2.画面左上の「ファイル」→「クリップボードから新規作成」を選択して新規ファイルにコピーしていた図表を貼り付けます。

 

3.最後に画面左上の「ファイル」→「保存」で任意の名称、保存先を決めて作成完了です。

TimeTreeの記事から来た人用(ショートカットアイコンの変更方法)

こちらの記事はTimeTreeのWebサイトのショートカットの変更方法の記事と関連した記事になっています。

ここで保存した画像をデフォルトのショートカットのアイコンと置き換える方法もこちらで簡単に説明しておきます。

1.保存した画像ファイルを開いた後、画面左上の「編集」→「コピー」でクリップボードに画像をコピーします

2.アイコンを変更したいショートカットを「右クリック」→「情報を見る」を選択

3.ウィンドウ内の一番左上にあるショートカットのアイコンを選択した後に、「編集」→「ペースト」で完了です。

 

 

iWorkアプリは文章作成、表作成、プレゼン資料作成などがメインとして使用されますが、画像の編集や加工などを行うツールとしても非常に優秀なアプリです。

できればiWorkが独立して画像保存ができるようになっていればなんの問題もありませんが、

現状そのような機能が備わっていないため今回の方法を覚えていればいろいろな場面で役に立つのではないでしょうか。

この記事を書いたライター

せきぞー

普段は野外イベントの設営など行っています。

出来るだけ読者の方の視点に立った執筆を心がけていきます!

物静かな性格なため時折南の島に佇む某石像と勘違いされることもあるとか、ないとか。

Twitter:@100Sekizo

この記事に関連するラベル

ページトップへ