iPhoneを使ってユーザ辞書に単語を登録

記事更新日: 2020/09/30

ライター: せきぞー

前回iPhoneの予測変換機能でデフォルトの設定のままだと「iPhone」と変換で出すのが面倒だし、不可解である

という記事を書きました。(こちら→愛フォン?笑 アイフォンの予測変換が「iPhone」ではないワケ

 

その記事を書いていて「iPhone」ともっと簡単に変換して入力するという名目で

ユーザ辞書を用いて決まった単語を予測変換で出るように設定する方法についてご紹介しようと思います。

ユーザ辞書とは

さっそく手順にとりかかる前にユーザ辞書とはなんなのかの説明を簡単にさせていただきます。

ユーザ辞書とはApple製の端末に共有する設定機能で、そこにあらかじめ特定の「単語」と「よみ」をセットで登録しておくと

「よみ」を入力した時に「単語」が変換の候補として出すことができるという機能になります。

たとえば筆者のユーザ辞書には単語「MEGAドン・キホーテ」よみ「めがどんき」という登録をしています。

そうした場合、「めがどんき」と入力すれば「MEGAドン・キホーテ」が優先して候補に出てくれるようになるので

よく使用する単語で、入力が面倒なキーワードを登録しておくと入力が楽に行うことができるようになります。

 

さらに「iPhoneとMacBook」のようにApple製の端末を複数使用している場合は共通のiCloudのアカウントを使用することによってどの端末からもおなじユーザ辞書の機能を共有することが可能です。

 

 

ちなみに単語は文字だけではなく記号も登録しておくことができるので顔文字などに名前をつけて登録しておいても非常に便利です(むしろ自分はそっちの用途の方がメインです)。

 

設定手順

実際にiPhoneを使ってユーザ辞書に

単語「iPhone」

よみ「あいふぉん」

の登録をするための手順を説明します。

 

1.IPhoneのホーム画面上で下にスワイプをすると文字入力画面が現れます。

2.文字入力画面の左下にある地球儀のマークを長押し→「キーボード設定」をタップして設定画面に移動したら「ユーザ辞書」をタップします。

 

もしくは、「設定」アプリ→「一般」→「キーボード設定」→「ユーザ辞書」からも同じ画面に移動することができます。

 

3.画面右上のプラス+のマークをタップして、単語に「iPhone」よみに「あいふぉん」と入力して最後に「保存」をタップして登録完了です。

 

実際の入力画面で「あいふぉん」と入力して変換候補が表示されるか確認してみましょう。

 

これで「アイフォーン」とわざわざ入力せずともiPhoneが簡単に入力できるのでとても楽チンです。

もし「あいふぉん」と入力することすら面倒だと感じるのであればよみを「あい」や「あいふ」など入力する文字をさらに減らしてみても良いかもしれませんね。

この記事を書いたライター

せきぞー

普段は野外イベントの設営など行っています。

出来るだけ読者の方の視点に立った執筆を心がけていきます!

物静かな性格なため時折南の島に佇む某石像と勘違いされることもあるとか、ないとか。

Twitter:@100Sekizo

この記事に関連するラベル

ページトップへ